北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

北陸新幹線「かがやき」「はくたか」、上越新幹線「とき」などの車両(E7系)には、客室の中にラック式の荷物置き場がある。

 

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

E7系は北陸新幹線の金沢延伸に先立って、2014年3月に東京と長野をむすぶ「あさま」でデビューした車両である。しかし座席の上の棚が小さく、大きな荷物を置くところに困るというウィークポイントがあった。そこでデビューから1年半後の2015年10月には早くも荷物置き場の設置工事が始まり、いまでは状況は大きく改善されている。

筆者は過去の記事で、東海道新幹線の予約制の荷物置き場(特大荷物スペース)について書いたが、北陸新幹線の荷物置き場は予約制ではなく早いもの勝ちであり、気軽に利用できることが特徴だ。

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について① 北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

この荷物置き場は奥行きがおよそ80cmあるため、大きなスーツケースを寝かせて収納できる。横幅もスーツケースが2つ3つ収まるくらいはあり、キャパシティ的な問題はなさそうだ。しかも床にはミゾがついているため、スキー板など長尺物を立てかけられるようになっている。雪国を走る車両ゆえ、そのあたりはぬかりがない。

※スーツケースの大きさはこちらに掲載。

 

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

荷物置き場があるのは偶数号車(&グリーン車の11号車)だけなので、指定席に乗るときは少し注意が必要だ。特に全車指定席のかがやき号では、うっかり奇数号車のチケットを買ったら自分の車両に荷物置き場がなかった…ということもありうる。

みどりの券売機(大きな駅や都市部の駅にある)なら、座席表を見ながら自分で座るところを選べるのでおすすめだ。偶数号車の東京方の席にすれば荷物置き場の近くになる。自分で操作することが心配なら、駅の窓口に頼めば荷物置き場の近くにしてもらえるはずだ。

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について① 北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

はじめに書いたとおり、E7系は座席の上の棚が小さい。幅が35cmくらいしかなく、これを大きく超える荷物を載せることはおすすめできない。筆者は撮影のために少しだけ載せたが、危ないのですぐに降ろした。

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について① 北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

一方で座席の間隔が広いので、無理して荷物棚に載せるくらいなら、足元や最後部席の後ろに置くほうがよい。特に最後部席の後ろは広く、所定の荷物置き場に収まらない超大型荷物もここなら置けそうである。奇数号車に荷物置き場がないことは書いたとおりで、このようなスペースに頼らざるをえないケースも出てくるだろう。

 

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

金沢・新潟方から2両目の車両(11号車)はグリーン車だ。グリーン車では客室の中ではなく、デッキに荷物置き場がある。

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について① 北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

グリーン車の荷物置き場は小ぶりでやや使いづらいのだが、高さがあるので大きな荷物でも立てて収納できる。転落防止のバーがついており、列車のゆれで荷物が落ちたり、通路にとび出たりするのを防いでくれる。

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について① 北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

この荷物置き場の大きな問題点はセキュリティの弱さだ。グリーン車のデッキで人通りが少ないとはいえ、油断できない。中は完全な空洞ではなく細い手すりのようなものがあるので、これを使って荷物をワイヤーロックなどでくくりつけることはできる。車掌さんにアポを取ってからやったほうがよいと思うが、無用なトラブルを避けるためにこのくらいは考えておきたい。

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について① 北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

北陸新幹線に限った話ではないが、グリーン車だからといって荷物棚が大きいわけではない。大きな荷物を持ち込むなら、どちらかというと荷物置き場(←座席の上ではなくラック式のやつね)が使いやすい普通車のほうがおすすめで、グリーン車イコールなんでもかんでも広いという考えは的を射ていない。

北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について① 北陸新幹線(E7系)の荷物置き場について①

ただしグリーン車は座席の間隔が普通車よりもさらに広いので、足元に荷物を置きやすいというメリットはある。東海道新幹線など、ほかの路線ではフットレストが邪魔で足元に置けないケースもあるが、北陸新幹線ではいまのところその心配はない。状況によってはグリーン券に投資するのもよいだろう。