特急「ラピート」の荷物置き場について

難波と関西空港をむすぶ南海電鉄の特急「ラピート」には、客室の中にラック式の荷物置き場がある。

 

特急「ラピート」の荷物置き場について

東京2020オリンピックの開催が決まった2013年頃から、日本でも車内にこうしたスペースをもうける列車は増えつつある。しかし元々が空港アクセス専用であるラピートは、1994年にデビューしたときにはすでに荷物置き場をそなえていた。

デッキにスペースをもうける車両が多い中、客室の中にあるだけでも強みだが、ラピートの荷物置き場はなんと鍵つきである。難波から関空までは40分ほどの道のりでしかないが、セキュリティは万全だ。

特急「ラピート」の荷物置き場について 特急「ラピート」の荷物置き場について

仕組みはシンプルで、右の鍵(ラミネートされたキーホルダーがついている)をひねるとワイヤーが抜けるので、これを荷物の適当なところにくくりつける。あとはワイヤーを戻して鍵を抜き、目的地までなくさずに持っていればOKだ。

ラピートは途中の駅での停車時間が短いので、終点まで行かないときは前もって降りる準備をしておくように。

特急「ラピート」の荷物置き場について 特急「ラピート」の荷物置き場について

※スーツケースの大きさはこちらに掲載。

 

特急「ラピート」の荷物置き場について 特急「ラピート」の荷物置き場について

座席の上にも荷物棚はあるが、見た目に配慮してか、すべてがフタつきのハットラックになっている。これはどちらかというと手荷物用で、あまり大きな荷物には向かないタイプだ。

特急「ラピート」の荷物置き場について 特急「ラピート」の荷物置き場について

ハットラックのサイズは、開口部ベースで高さが30cmで長さが約70cmであった。機内持ち込み可のスーツケースならば問題なく入る大きさだ。筆者のスーツケース(100L)は寝かせても幅が75cmあるので、ここに載せることはできない。

特急「ラピート」の荷物置き場について 特急「ラピート」の荷物置き場について

荷物を目の届くところに置きたいときは、足元を使うのがおすすめだ。座席の間隔が新幹線並みに広いためで、荷物の厚さが25cmまでなら余裕で置けるし、それより1〜2cm大きくてもまだ足を入れる隙間がある。

ラピートはそれほど長い距離を走る列車ではないが、2クラス制となっていることも特徴だ。ここからは、210円の差額でさらに広々している「スーパーシート」を取り上げる。

 

特急「ラピート」の荷物置き場について

ラピートは6両編成で、難波方の2両がスーパーシートである。「レギュラーシート」が2列+2列であるのに対し、こちらは2列+1列になっていることも特徴だ。

特急「ラピート」の荷物置き場について 特急「ラピート」の荷物置き場について

座席の間隔は、レギュラーシートにくらべてスーパーシートのほうが17cmも広い。そもそもレギュラーシートでもそれなりに広いので、スーパーシートのこの広さは圧巻だ。前後だけでなく左右にもゆとりがあるため、大きな荷物であっても余裕で置ける。料金もリーズナブルなので、思い切って乗ってみてはいかがだろうか。

特急「ラピート」の荷物置き場について

さてこのラピート、なんといっても見た目のインパクトが強烈だが、荷物置き場が使いやすくて乗り心地もよく、中身もちゃんと作り込んである車両だと感じた。

同じく関空を発着する列車としてはJRの「はるか」があり、出発あるいは目的地が新大阪や京都であればそちらのほうが便利である。しかし難波や天王寺であれば、アクセスのよさだけではなくサービスの面から考えても、筆者はラピートの利用をおすすめしたい。